多汗症の悩みをすぐに解決【ストレス開放でスマイルライフ】

女医

脇汗の改善法

治療

負担が抑えられるでしょう

クリニックでの多汗症治療は、現在進化の兆しを見せています。メスを使用した従来の方法はもちろんのこと、最近では超音波や高周波を出力させる特殊な治療機器を使用して、痛みや体の負担を抑えた治療が可能です。こういった機器は、多汗症の原因となっている汗腺に的確にアプローチが出来ます。皮膚を切開しなくても汗腺の場所を正確に抑えられるのが、最近の機器の大きなメリットです。狙った部分にのみ作用する点も、高度な医療機器ならではの魅力と言えます。新たな治療法は、汗腺を吸引して除去するのが特徴です。多汗症では発汗の多さが臭いなどを発生させる一因となっているため、このように部分的に汗腺を取り除くアプローチを行います。通常はメスを使用して汗腺の除去を行いますが、最近の多汗症治療の場合は、専用の吸引器具を用いて施術を行う点がこれまでの方法とは大きく異なるポイントです。今後は、より多くの医療機関でこういった負担の少ない多汗症治療が受けられるようになると考えられます。

回復の早さが魅力です

メスを使用して汗腺を除去した場合には、術後に一定の注意が必要になります。傷口が開かないように一定期間安静を保つことが求められるため、日常生活にも時に支障が出てしまうのが厄介な点です。感染症のリスクを避けるために、入浴も決められた期間は避けることが推奨されます。少なからず動きが制限されることから、医師の許可が下りるまでは、車の運転も控えなければならないのが常です。合併症や後遺症も懸念されます。昨今試みられているメスを使用しない多汗症治療の場合は、回復までの期間が短縮出来るという利点があります。入浴も当日から可能なことがあり、生活上制限されることが減るのが人気の一因です。痛みの少ない麻酔法が導入されており、治療開始の時点から負担が少ない点も注目を集めています。多汗症治療は、これまで若干の覚悟が必要となる治療でしたが、新しい方法の導入によってより身近な治療となりました。多汗症の悩みを抱えている方にとってこのような変化は、特にメリットの大きいものと考えられます。