多汗症の悩みをすぐに解決【ストレス開放でスマイルライフ】

女医

汗の悩みは医療機関に相談

腕を上げる女性

汗が出る原因を知る

汗は誰でも出るものですが、季節にかかわらず多くの汗が出る、特に運動もしていないのに多く出てしまうという場合は多汗症である可能性もあります。多汗症を改善するためにはまずはその原因も知っておきたいですが、何らかの疾患が原因して汗が多く出ることがあります。この場合考えられる病気としては甲状腺機能亢進症、糖尿病、通風、更年期障害などがあげられます。気になる症状があるという場合は診察や検査でこうした病気になっていないか確認してみましょう。疾患が原因している場合は汗を抑えるためにもその原因となっている病気の治療を行う必要があります。そして特別な疾患がないにかかわらず、多くの汗が出るという人もまた少なくありません。精神的なストレスや緊張が汗の原因となることもありますし、自律神経の乱れなどが影響している可能性もあります。多汗症を抑える方法としては市販の制汗剤やパウダー、ワキパッドなども役立ってくれますが、そうした方法で改善が難しい場合は医療機関の治療も検討してみましょう。

様々な改善策があります

多汗症の治療にも様々な方法があり、精神的なものが影響している場合は心理療法で対応したり、安定剤などの薬で対応する方法もあります。さらにワキや手のひらなどの汗の場合は美容目的でよく利用されているボトックス注射も有効です。一度の施術で長期に汗を抑えることができますが、永久的な効果ではなく、何度も繰り返して行う治療であることは理解しておきましょう。施術は短時間で行うことができ、注射だけですので、ダウンタイムも短く抑えられます。交感神経遮断手術という方法もあり、こちらの場合は交感神経を切断するので、施術した部位からは汗が出なくなります。そのかわり、切断した神経は元に戻せないこと、別の部位から発汗が起こることもありますので、メリットだけではなく、デメリットについてもよく理解しておきましょう。全身から多く汗が出るという場合は抗コリン剤の服用が効果的です。この場合は全身の汗は止まるものの、口の渇き、便秘、排尿障害なども出やすくなりますので、副作用についてもよく理解しておきましょう。