多汗症の悩みをすぐに解決【ストレス開放でスマイルライフ】

婦人

ボトックス注射が効果的

脇

エクリン腺から大量に発汗

多汗症を治療するために効果的な方法としてボトックス注射があります。多汗症は脇の下などの汗腺から多量の汗が出るため、汗染みなどに悩む人が大勢います。多汗症の汗はエクリン腺という汗腺から分泌される汗です。臭いはきつくありませんが、冬場でも緊張したりすると脇の下からこの汗腺によって汗が大量に分泌されるので、慌てることが多いものです。このような悩みを解消するために、ボトックスによる治療法が開発されました。ボトックスとはボツリヌス菌が持つボツリヌストキシンという物質から精製された薬剤です。ボトックスは元来、眼瞼けいれんなどの病気を治療するための薬剤として製造されたものなので、多汗症を治療する際にも安全性の高い薬剤として一般に使われています。多汗症の治療には、汗腺ごと外科手術によって除去するという方法もあります。しかしこの方法では麻酔が切れた後にある程度の痛みがあり、傷痕の残る可能性もあります。それに対してボトックスは注射だけで治療でき、傷痕の心配もないというメリットがあります。

アセチルコリンを抑制する

日本では、多汗症で治療を受けている人が年々増加していると見られています。その理由のひとつは、第二次世界大戦後の食生活がそれ以前と比べて大きく変化したということです。欧米人にはわきが体質の人が多く存在しますが、それには肉食中心の食生活が関係していることがわかっています。わきがはアポクリン腺によるものであり、一方の多汗症はエクリン腺によって起こるものですが、発生のメカニズムは共通しています。交感神経から分泌されるアセチルコリンという伝達物質がもともとの原因です。ボツリヌス菌の持つボツリヌストキシンにはアセチルコリンの分泌を抑える作用があるため、ボトックス治療を行うとわきがや多汗症を改善することができるのです。日本人でわきが体質の人は欧米人に比べるとはるかに少ないのですが、日本人は世界でもまれなほど清潔志向の強い民族といわれています。特に若い世代ではその傾向が顕著であるため、多汗症の治療のためにクリニックを訪れる人はこれからも増えていくことが予想されます。

脇汗の改善法

治療

多汗症治療においては、現在メスを使用しない方法が試みられています。今後はこのような負担の少ない治療が普及するでしょう。メス不使用の多汗症治療は回復までの期間も短く、術後の負担も減るとして人気です。

詳細を確認する

汗を止めることができる

女性

多汗症を治すなら、どんな治療があるかを調べましょう。超音波で汗腺を破壊したり、注射で汗を抑えられます。汗がたくさん出ると周りの人との関係にも影響が出ます。体への負担が少ない治療があるので多くの人に人気があるのでしょう。

詳細を確認する

コンプレックスから解放

脇を触る人

多汗症で日常生活に支障が出たりコンプレックスとなっている方は手術だけでなくボトックスなどの様々な治療を受けられるので扱っているクリニックで相談してみましょう。手術の場合は特に信頼できる医師を見つけることが大切です。

詳細を確認する

汗の悩みは医療機関に相談

腕を上げる女性

異常に多く汗が出る症状を多汗症と呼びますが、汗を抑えるための治療も様々な種類があります。心理療法が役立つこともあれば、ボトックス注射も良い改善が期待できます。手術や抗コリン剤も高い効果を期待できますが、メリットだけではなく副作用についても理解しておきましょう。

詳細を確認する

汗の悩みの解消するには

脇

暑くもないのに大量の汗をかく症状を、多汗症と呼びます。汗取りパッドで一時しのぎをするのではなく、多汗症を根本的に治したいと希望している人は、医療機関で治療を受けるようにするとよいです。最近は、ボトックス注射を用いる多汗症治療が多くの人に利用されています。

詳細を確認する